認知症の予防が寿命を左右する│習慣改善が鍵になる

シニア

アントシアニンに注目

サプリメント

眼精疲労対策のサプリメントを選ぶ際の基準は、アントシアニンという成分をどれくらい含んでいるかです。特にマキベリーという果実からつくられているものはブルーベリーの約12倍のアントシアニンを含有しているため、眼精疲労改善に高い効果を見込むことができます。

詳細を確認する

膝の痛みを改善するには

膝

プロテオグリカンやグルコサミンのサプリメントは、すり減った軟骨を再生する働きがあり、膝痛などの関節痛の改善の効果が期待できる。関節痛を患っている高齢者は多く、プロテオグリカンやグルコサミンのサプリメントの人気は高まっている。

詳細を確認する

効率良く摂取出来ます

サプリメント

カルシウムを含んだサプリメントはとても高い人気となっています。カルシウムを普段の食事で摂取する事が出来ない方には、サプリメントを服用する事によって簡単に摂取する事が出来ると言うのが、大きな魅力となっています。

詳細を確認する

脳神経が死んでいく病気

お年寄り

脳神経が死んでいく原因

認知症とは加齢や疾患が原因で、脳の細胞が機能しなくなる、または機能が低下することによって日常生活に支障を来たす病気です。認知症は細かく分けると大変種類が多いのですが主なものとして、アルツハイマー型・脳血管型・レビー小体型・前頭側頭型が挙げられます。認知症の6割以上がアルツハイマー型であり、約2割が脳血管型とされています。最も多いアルツハイマー型認知症とは、男性より女性に多い進行タイプの認知症とされています。脳内にアルミロイドBまたはロウと呼ばれる、特殊なタンパク質が蓄積されることにより、脳の神経細胞が機能しなくなる病気です。神経細胞が死んでいくことで徐々に脳が萎縮していき、身体的な機能も失われていくのが特徴です。

脳の機能低下を防ぐには

現在アルツハイマー型認知症の明確な原因は解明されていません。しかし食生活や生活習慣を見直し改善することで、予防できる病気なのです。食生活においては青魚を積極的に食べることで、認知症の予防に繋がるとされています。喫煙飲酒はともに控えるか、禁煙禁酒が望ましいです。そして高血糖が続くことで認知症発症のリスクが高まるので、日頃より高血糖には注意が必要です。次に生活習慣においては、睡眠不足がアルツハイマー型認知症発症に深く関係しています。アルツハイマー型の原因であるアミロイドBなどのタンパク質は、睡眠中に除去されており睡眠時間が短いと蓄積してしまい、アルツハイマー型の発症に繋がるのです。毎日しっかり睡眠をとることが最大の予防なのです。また30分程度、昼寝をとることも認知症予防に効果的です。長時間の昼寝は夜眠れなくなってしまう為、必ず30分前後にしておきましょう。また青魚が効果的と言われていますが、いまはその青魚に含まれている成分を、サプリメントなどで手軽に補えるようになっています。価格も良心的なものが多いので、家計に負担がかかることもありません。普段あまり魚を食べないという人であれば、サプリメントは最適です。睡眠習慣も改善しながら、しっかりと予防を行なっていきましょう。

Copyright© 2015 認知症の予防が寿命を左右する│習慣改善が鍵になるAll Rights Reserved.